ブログ歴半年以内の方におすすめの記事 ≫≫

【節約】変動費を見直して家計のムダをなくす方法

スポンサーリンク
お金
この記事は約6分で読めます。
おすん
おすん

皆さまこんにちは!
おすん( @osunnotsubuyaki)です

毎月かかってる「変動費」って把握できてますか?

ムダに使ってる部分がないかちゃんと見直せば、年間で数万~数十万の変動費を節約できますよ!

つらい節約はしたくないっていう人にも、まずは「変動費の見直し」をオススメします!

 

この記事でわかること

  • 変動費とはなにか?
  • 毎月かかる変動費はなにがあるのか?
  • 僕が見直した変動費
  • 変動費をクレジットカードで支払うメリット

 

変動費とはなにか?

変動費とは、毎月固定で決まっていないお金のことで、その月ごとに変動がある金額のことです。

「やりくり費」とも呼ばれていて、少し我慢すればすぐに節約効果が出やすい項目が多いので、節約する際に見直しやすい部分です。

ただし、切り詰めれば切り詰めるほどストレスが溜まりやすいものが多い部分でもあります。

ひつじくん
ひつじくん

生活を豊かにするために必要な部分なんだね~

変動費を見直して節約するときには、無理なくできる範囲でやるといいですよ!

 

毎月かかる変動費ってなにがあるの?

食費や日用品、交際費、趣味娯楽費などが含まれます。

毎月の変動費
  • 食費・日用品
  • 交際費(外食など)
  • 趣味・娯楽費

などなど…

上記は、普通に生活していく上で必要な変動費です!

それ以外にもかかる人によっては、美容費や被服費、レジャー費などがあります。

固定費と違って、最悪なくても生活する上で問題ない項目です。

人それぞれ、各家庭によって変動費の内容は様々です。

 

変動費がわかったら見直そう!

変動費は、固定費と違って見直しがしやすい項目です!

まずは変動費として考えられる項目を、とにかく洗い出します。

洗い出した中から本当にその項目は必要なのかを断捨離していくだけ!

  • 使いすぎてるなと思ったら減らす
  • 必要がない内容は削減する

たったこれだけです!

単純に、

  • 必要
  • どちらでもない
  • 不要

で分けてみて、不要と判断した変動費はきっぱりと解約、削減しましょう!

そうすると、その辞めた分のお金が、手元に残ります。

 

食費などを削減する

食費や日用品の見直し方としては、以下の方法で削減できます。

  • コンビニで買い物を極力しない
  • スーパーでまとめ買いをする
  • 割引商品を買う

 

コンビニで買い物を極力しない

ものにもよりますが、商品の値段をコンビニとスーパーで比較してみると、違いがはっきりわかります。

商品によっては、数十円の違いがあります。

●コンビニ
商品A 150円

●スーパー
商品A 130円

それが何商品もあるわけだから、月に買う量で換算すると数百円から数千円の削減ができます!

やっぱりコンビニは便利な分、割高なんですよね!

我が家でも、コンビニでは必要最低限の商品しか購入しないようにしてるので、削減できた分は自然と貯蓄にまわせています!

 

スーパーでまとめ買いをする

スーパーで買い物をするときも、事前に必要な分をメモしておいてまとめ買いしてます。

ちょこちょこスーパーに行くと、どうしても衝動買いをしちゃうことがあるんですよね!w

おすん
おすん

コレ必要そうだな!って思って買っても結局使わなかったり…

なので必要なものだけメモに箇条書きでまとめて週に一回とか決めて買い物に行くようにしてます。

 
\必要な分だけメモしておく/
  • お米
  • 牛乳
  • 洗剤
  • ハミガキ粉

などなど…

 

割引商品を買う

コンビニでもたまにありますが、中規模のスーパーでは毎日のように割引商品があります。

例えば、

  • 賞味期限が近くなった食品
  • 少し痛んだ野菜や肉類
  • 商品には問題ないけど外装にダメージがある商品

などなど…

気になる方は通常の販売価格で買ったほうがいいですが、ちょっと時間が経っちゃった野菜とかみそ汁とかスープにすればわからないですよ!

割引商品って食べられないものは販売してないので、見た目や風味などを気にしない方であればオススメです!

我が家でもスーパーに買い物に行くときは、「見切り品コーナー」は毎回チェックしますw

それだけでも1商品で数十円の違いはあるのでオススメです!

 

交際費(外食など)を削減する

交際費は、仕事や付き合いの関係上、どうしても仕方のない出費だとは思います。

ただ、必要以上の外食や飲み会は行かないようにしたほうがいいですね。

普通の居酒屋とか飲食店だと、一件で3,000~5,000円ぐらいはかかります。

二件目にハシゴすれば、6,000円~10,000円です。

ひつじくん
ひつじくん

いやーホントにもったいないよ~

僕も過去には、数件ハシゴして一日に数万を使うことが月に何度もありました。

仕事とかにつながる必要な外食や飲み会ならいいんですが、それ以外はすべてやめました!

そしたらホントにお金が減らないですw

ひつじくん
ひつじくん

当たり前なんだけどね~w

毎月交際費にかなりのお金を使ってる方は、一度見直したほうがいいですよ!

 

趣味・娯楽費を削減する

ここを削りすぎるとストレスも溜まっちゃうと思うし、難しいんですが、一度見直しておくべき部分だと思います。

本当に必要なのか?

っていうことを今一度自問自答してみるのもいいと思います!

 

我が家で見直した変動費

我が家で見直した変動費はこちらです。

  • コンビニでの買い物を最小限に
  • スーパーでのまとめ買い
  • 割引商品を買うようにする
  • ウォーターサーバーの解約
  • 外食、飲み会は必要最低限に

我が家はこの見直しで、年間に数十万円分の貯蓄ができる計算になります。

 

変動費をクレジットカードで支払う

変動費の支払いも、クレジットカード払いにすればポイントが貯まります!

クレジットカードもいろんな会社があって特徴も還元率も違います。

僕は使い道も多くて、還元率も良い年会費永年無料の楽天カードを使ってます。

クレジットカードが使えるところはすべて楽天カードで支払ってるので、ただ支払うだけじゃなくてポイントも付くようにしてます。

そうすると毎月数千ポイント入ってくるから、貯まった分で旅行とか欲しいものとか買うためにコツコツ貯めてます!w

「楽天ペイ」アプリが使えるところなら、楽天カードを「楽天ペイ」アプリに設定して支払いすれば、200円毎にさらに1ポイント増えます!

 

楽天ペイアプリについては「【キャッシュレス決済】楽天ペイアプリで現金いらずな生活をおすすめ」を読んでみてくださいね。

 

 

まとめ

変動費は、減らせば減らした分だけお金が残る項目です。

使いすぎている項目があれば、そこをちゃんと見直して抑えれば、自然とお金は残っていきます。

我慢するか?我慢しないか?

変動費は自分自身との戦いです!

せっかく稼いだお金を減らさないように、変動費もちゃんと見直しましょう!

 

固定費の見直しについては、「【節約】固定費を見直して家計のムダをなくす方法」を読んでみてくださいね。

おすん
おすん

更新情報やブログでは書かないことをツイッターで発信してます。よかったら覗いていただき親指が空いてたらいいねもください。

おすん( @osunnotsubuyaki

コメント

タイトルとURLをコピーしました