デザイン制作・レビュー・広告依頼のご相談はこちら ≫≫

安く沖縄旅行に行くなら何月がおすすめ?【結論=6月後半です】

ライフスタイル
この記事は約10分で読めます。
おすん
おすん

時間や場所に縛られずに働いている
フリーランスデザイナーのおすん( @osunnotsubuyaki)です。

国内外問わず人気の沖縄旅行。

そんな沖縄ですが、オフシーズンやショルダーシーズン(中間程度の混み具合)で料金も変わるし、夏季は台風が多いのも沖縄の特徴です。

年間を通して何月に行けば気候が良かったり料金が安くてベストなのか気になりますよね。

 

結論から言うと、沖縄に行くなら間違いなく6月がベストです!

 

この時期の沖縄旅行は失敗したな〜ってことにならないよう、この記事でご説明していきます。

 

この記事を読むメリット
  • 沖縄への旅行は6月がベストな理由がわかる

 

沖縄に行くなら6月後半がおすすめな5つの理由

早速結論ですが、僕がいつも沖縄へ行くときは特別なことがない限り6月後半に行きます。

え、6月ってまだ梅雨なんじゃないの?

そう思われる方も多いかと思います。僕も同じように思ってました。

6月はまだ梅雨でもあるんですが、それは前半まで。

6月の後半だとちょうど梅雨が明けて狙い目なんです。

 

他にも6月後半が狙い目な理由として、

  1. 航空券が他の月より安い
  2. 6月後半だと梅雨明けして夏本番真っ只中
  3. 観光客がそんなに多くない
  4. 梅雨明け後だから天気が安定してる
  5. どこよりも早く夏を感じられる(海に入れる!)
おすん
おすん

っていうことが理由です!

 

おすすめの理由1:6月後半だと航空券が格段に安い!

旅行に行くときにまず気になるのが航空券の値段だと思います。

そこで6月の後半と、8月のピーク時の航空券の料金を比較しました。

比較する旅行代理店や航空会社はたくさんありますが、エアトリ はネットで格安航空券を一括検索してくれるの検索しやすくておすすめです。

 

▼ 格安で沖縄旅行へ行くならクリック ▼

エアトリの詳細をみてみる

 

以下は、羽田~那覇間を8月と6月の同じ条件(時間や日数など)で最安値を検索した結果です。

 

8/10~8/13の3泊4日での旅行の場合

区間日時便名グレード料金
羽田 – 那覇 (往路)08/10(土) 08:35 – 11:10ANA467 全日空エコノミー大人 31,890円
那覇 – 羽田 (復路)08/13(火) 17:05 – 19:35SKY518 スカイマークエコノミー大人 31,390円

合計63,280円

 

6/23~6/26の3泊4日での旅行の場合

区間日時便名グレード料金
羽田 – 那覇 (往路)06/23(日) 08:35 – 11:20ANA467 全日空エコノミー大人 15,390円
那覇 – 羽田 (復路)06/26(水) 17:05 – 19:35SKY518 スカイマークエコノミー大人 17,190円

合計32,580円

8月のピーク時だと3泊4日で63,280円かかりますが、

6月の後半だと3泊4日で32,580円で行けちゃいます!

 

同じ条件でもたった2ヵ月違うだけで約半額になります。

それなら安い時期に行ったほうがオトクだし、観光客が多いピーク時に行くのってなんだか損した気分になりませんか?

できるだけ安く旅行したいと思うのはみんな一緒だと思いますので、少しでも安く行きたいなら6月の後半がおすすめです。

 

格安航空券の最安値販売「エアトリ」はこちら

 

おすすめの理由2:6月の後半だと梅雨明け後で夏本番真っ只中!

以下は、気象庁の沖縄の梅雨入りと梅雨明けのデータを参考にしたグラフです。

梅雨入り梅雨明け平年との大きな差(入り5/9・明け6/23)
2009年5月18日頃 7月 6日頃明けが13日遅い
2010年 5月 6日頃6月19日頃
2011年4月30日頃 6月 9日頃入りが18日早い・明けが14日早い
2012年5月13日頃6月23日頃
2013年5月10日頃6月11日頃明けが12日早い
2014年 5月 5日頃6月26日頃
2015年5月20日頃 6月 8日頃入りが11日遅い・明けが15日早い
2016年5月16日頃6月16日頃
2017年5月13日頃6月22日頃
2018年 6月 1日頃6月23日頃
平年 5月 9日頃6月23日頃

気象庁の観測データによると、平年の5月9日頃に梅雨入り6月23日頃に梅雨明けするという統計があります。

梅雨入りは毎年5月9日頃

梅雨明けは毎年6月23日頃

もちろん自然をコントロールすることはできませんが、気象が荒れたりしなければ5月10日前後に梅雨入りして6月20日をすぎた頃に梅雨が明けると考えて大丈夫そうです。

おすん
おすん

なので航空券の料金説明も、6月の日程を6/23~6/26にしました。

実際に僕も2017年の6/23から沖縄に行きましたが、青々とした空に照りつける太陽のひかりが夏のようにカラッとしてました(ただし湿度は高め)。

 

おすすめの理由3:6月の後半だと観光客があまり多くない

夏休みやお盆を利用することが多いことで、夏真っ只中の7~8月に観光客が集中します。

梅雨明けした夏の始まりの6月はそれほど観光客もいないし、満足する旅行ができました。

おすん
おすん

人が多いと何しようとしても混みますよね。

  • ホテルの予約
  • 空港での手続き
  • 飲食店の予約
  • 離島への船の予約
  • 道路の渋滞(沖縄は日頃から渋滞はあるけど観光スポット近辺が特に)

などなど…

観光客が多いと雰囲気もちょっと崩れる気がしちゃうんですよね…

観光スポットだったりウミカジテラスの雰囲気だったり…

 

人がまったくいないのもなんですけど、多すぎないほうがいいということで、観光客の混み具合からしても6月後半がおすすめです。

 

おすすめの理由4:6月後半は意外にも天気が安定してる

梅雨明けの6月後半を狙うべき理由として、比較的天気がいいことです。

下記に沖縄本土への台風接近数の平年値をグラフにしました。

発生月台風接近数(平年値)
1月
2月
3月
4月0.0
5月0.4
6月0.6
7月1.5
8月2.3
9月1.7
10月1.0
11月0.3
12月0.1

平年値は、1981年~2010年の30年平均です。
(注)値が空白となっている月は、平年値を求める統計期間内に該当する台風が1例もなかったことを示しています。気象庁|台風の平均値

8月と比べてみても1/4ぐらいの台風接近数なのがわかります。

8月のほうが6月よりも台風が直撃する確率が高いって意外じゃないですか。

台風の接近数の統計で見ても、6月に行ったほうがいいことがわかります。

▼こちらで沖縄の台風情報が確認できます▼

沖縄気象台|本島地方の台風情報

▼こちらで沖縄の天気予報が確認できます▼

気象庁|天気予報|沖縄本島地方

 

おすすめの理由5:6月の後半だと、どこよりも早く夏が感じられる(快適に海に入れる)

実際には沖縄の海開きは3月から4月にかけてがほとんどで、もっと早く海に入れます。ただ沖縄といえど正直寒いです。

おすん
おすん

特に海から上がって日が差してないとブルブル震えます…

以下、沖縄県 那覇 の気候のグラフです。

平均気温
  1月17.0℃
  2月17.1℃
  3月18.9℃
  4月21.4℃
  5月24.0℃
  6月26.8℃
  7月28.9℃
  8月28.7℃
  9月27.6℃
10月25.2℃
11月22.1℃
12月18.7℃

統計期間:1981~2010年

3月~4月は6月と比べると5~8℃も低いです!

海開きしてるぐらいだから入れることは入れますが…鳥肌を立てながら入りたくはないですよね?笑

6月と8月を比べると2℃ぐらい違いますが、それでも十分海に入れて暖かい気温だと思います。

 

6月の後半に行くデメリット

デメリットっていうと表現が違うかもしれませんが、6月の後半に行くデメリットととして考えられることは梅雨と重ならないかということです。

旅行の計画は事前に建てるのがほとんどだと思いますが、航空券の予約をするときは旅行予定日の天気なんてわかりません。

自然をコントロールするのはどうすることもできないので、こればっかりは潔く開き直っちゃいましょう。

とは言ってもいざ沖縄に着いたら雨だったり、まだ梅雨明けしてないなんてことがあれば開き直ることも大事じゃないかなと思います。

けど、ただ開き直るだけじゃなくて雨でも楽しめることを事前に計画したほうがいいです。

 

沖縄旅行で雨天でも楽しめること

雨だと基本インドアな観光になっちゃいますが、それでも楽しめることって結構ありますよ!

 

美ら海水族館


沖縄と言ったら?的な感じですが、美ら海水族館は外せないですよね!

美ら海水族館のホームページはこちら

 

育陶園 壺屋焼 やちむん道場

普段体験することってあまりない陶芸。

育陶園 壺屋焼 やちむん道場なら陶芸の体験ができますよ!

育陶園 壺屋焼 やちむん道場のホームページはこちら

 

旧海軍司令部壕

太平洋戦争(大東亜戦争)の沖縄戦の歴史を学ぶなら旧海軍司令部壕に行ってみてはいかがですか?

当時のまま残されてる部屋があったりいろいろ考えさせられました。

旧海軍司令部壕のホームページはこちら

 

ひめゆりの塔

沖縄戦末期に沖縄陸軍病院第三外科が置かれた壕の跡に立つ慰霊碑がひめゆりの塔です。

ここに行った際には入口で献花用の花が一束200円で売ってるので供えてあげましょう。

ひめゆりの塔のホームページはこちら

 

沖縄旅行にはレンタカーが必須

沖縄で観光するならレンタカーは必ず必要になります!

沖縄は都心部以外に電車(モノレール)がなくて、交通の便が不便です。

おすん
おすん

現地の方も車での移動がほとんどです。

その他の移動手段だとバスかタクシーしかないので、レンタカーは事前に手配しましょう。

 

レンタカーの予約は現地の沖縄に特化したスカイレンタカー がおすすめです。

早割りや限定プランなど、格安になるキャンペーンが豊富なのでおすすめのレンタカーです。

▼ 格安でレンタカーを借りるなら ▼

 

沖縄旅行でのホテル予約はエアトリで

沖縄に知り合いや身内がいない限りはホテルに泊まると思いますが、沖縄への旅行ならこの記事で紹介したエアトリがおすすめです。

格安で航空券とセットで購入ができるし、サイトが使いやすいです。

 

▼ 格安で沖縄旅行へ行くならクリック ▼

エアトリの詳細をみてみる

 

 

梅雨を避けて格安で沖縄旅行に行くなら6月がおすすめ

 

この記事でのまとめ
  1. 航空券が他の月より安い
  2. 6月後半だと梅雨明けして夏本番真っ只中
  3. 観光客がそんなに多くない
  4. 梅雨明け後だから天気が安定してる
  5. どこよりも早く夏を感じられる(海に入れる!)

6月というと、本土(特に関東地方)では梅雨の真っ只中ですが、沖縄では一足先に夏本番を迎えています。

意外と知られていないことなので、この記事を参考に沖縄旅行を楽しんでください。

おすん
おすん

仕事などで休みが取れない方は難しいですが、「6月でも行けるよ」って方は是非おすすめです。

 

おすん
おすん

Twitterでは、フリーランス、ブログ、ITなどのビジネス、デザインのことを発信してますので、よかったらフォローしてください!

おすん( @osunnotsubuyaki

コメントはこちら

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました