ヘッダー画像・ロゴ作成はこちら ≫≫

厳選7店!最高にうまい東京の絶品ステーキ屋と焼き方の種類【ハラミ・ヒレ・リブロース】

スポンサーリンク
レビュー
この記事は約12分で読めます。

フリーランスでノマドライフを目指してる『おすん( @osunnotsubuyaki)』です。

ステーキって聞いただけでワクワクしてきませんか!?

ステーキ屋を探してるときや、注文後の待ち時間もワクワクが止まらないですよね!

A5ランクなどの高級ステーキは、高い値段を出せばどこでも食べられますが、この記事で紹介するのはあくまでも手頃な値段で食べられる庶民的なステーキです。

大型チェーン店などのステーキ屋はどこでも食べられるので、この記事では割愛します。

東京都内にある、僕が好きなステーキ屋を独断と偏見で選んでみました。

この記事に記載するステーキ屋の条件
  • 実際に食べたことがある
  • 広域なチェーン展開をしていない
  • その地域でしか食べられないステーキ屋
  • A5ランクなどのお上品なステーキじゃなく、B級グルメのようなジャンクステーキのみ
おすん
おすん

ちなみに焼き方はレアが好きです!たま~にブルーレアにもします!

 

スポンサーリンク

ステーキの焼き方は10種類もあるのをご存知でしたか?

お店を紹介する前に、ステーキは10種類の焼き方があるのをご存知でしたか?

  • レア
  • ミディアム
  • ウェルダン

の3種類ぐらいしかないと思ってる方は結構多いんじゃないでしょうか?

肉は焼き方でかなり美味しさが変わってきますので、美味しく食べるためにも以下の焼き方を参考にしてステーキを美味しく食べてください!

① ロー( raw )

火が全く通っていない生肉の状態 ※焼いてないから焼き方ではないけど一応!

② ブルー( blue / bleu )

表面だけを軽く数秒焼いた状態 ※中身は完全に生のままです。

③ ブルーレア( blue rare )

表面を数十秒間焼いた状態 ※こちらも中身は生のままです。

④ レア( rare )

肉の表面だけを強火で軽く焼いた状態 ※中身はほとんど生のままです。

⑤ ミディアム レア( medium rare )

完全に火が通ってはないけど、肉の中まで温かくなっている状態 ※肉全体の約半分が赤いままです。

⑥ ミディアム( medium )

肉の中心部に赤みが残るくらいの状態 ※中身はほんのりピンク色です。

⑦ ミディアムウェル( medium well )

肉の中心部以外はほぼ火が通っている状態です。

⑧ ウェル( well )

火が全体に通ってピンク色がほとんどなくなっている状態です。

⑨ ウェルダン( well done )

肉の内部に赤みが残らないようによく焼いた状態です。

⑩ ベリーウェルダン( very well done )

肉全体に完全に火が通らせて焼き上げた状態です。

 

 

あまり知られてない焼き方で注文すれば、他のお客さんから注目されるかもしれませんよ笑

おすん
おすん

焼き方を伝えるときは2倍の声量で伝えることがポイントです

 

ではお店の紹介をします。

スポンサーリンク

ステーキ屋1|ミスターデンジャー 墨田区 立花【ハラミ】

引用:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13017950/
満足度4.5
いつも頼むメニュー1ポンドステーキセット(スープ・ライス付き)
サイズ450g
焼き方レア
値段2,500円
営業時間平日:17:00~23:30
(ラストオーダー 23:00)日祝日:17:00~23:30
(ラストオーダー 23:00)
定休日水曜日
TEL03-3614-8929
住所東京都墨田区立花3-2-12 田中ビル1F
URLhttp://www.mrdanger.jp/menu.html

とにかくリーズナブルで柔らかいステーキを求めてる方は東京都墨田区にある『ミスターデンジャー』がおすすめ!

元プロレスラーでもあった松永 光弘さんが経営しているお店。

この価格でB級感たっぷりな肉質は、東京ではあまり食べれません!

スポンサーリンク

ステーキ屋2|ザ・ステーキ 港区 六本木【リブロース】

引用:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130701/13179341/
満足度4.0
いつも頼むメニュー1ポンドステーキ(ステーキのみ)
サイズ450g
焼き方レア
値段3,700円
営業時間12:00~14:00

18:00~翌6:00

定休日なし
TEL03-5413-7945
住所東京都港区六本木4-10-11 小室ビル 1F
URLhttp://thesteak.jp/

東京都心の路地裏にあるステーキ屋、その名も『ザ・ステーキ』。「名前を決める時間があるなら肉の知識に時間を費やせ」と言わんばかりのネーミング!

赤身のリブロース肉のみ使用していて、「噛み切れない」、「スジが残る」といったこともない驚きの柔らかさです!

ただ東京都心ともあってか、値段は少々お高めです。

スポンサーリンク

ステーキ屋3|リベラ 目黒区 下目黒【ヒレ】

引用:https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13018560/
満足度5.0
いつも頼むメニューバダ・ハリステーキ(ライス付き)
サイズ450g
焼き方レア
値段5,000円
営業時間17:00~24:00

(ラストオーダー 23:30)

定休日毎週月曜日、第3月曜の次の火曜日(定休日が祝日の場合は、翌日が休業日)
TEL03-3793-9955
住所東京都目黒区下目黒6-17-20
URLhttps://s.tabelog.com/tokyo/A1316/A131601/13018560/

東京に住んでいるステーキ好きなら知らない人はいないでしょう。店内にはスポーツ選手や格闘家の写真やサインが壁一面に飾られています。

肉の柔らかさはもちろんのこと、秘伝のステーキソースが相性バツグン!醤油とたっぷりの玉ねぎ、ニンニクを独自の配合でブレンドしたステーキソースは『リベラ』でしか味わえないですね。

値段は高いですが、食べる価値ありありでリピーターです!

スポンサーリンク

ステーキ屋4|ジェロニモ 中野区 東中野【ハラミ】

満足度4.5
いつも頼むメニュージェロニモBIGステーキ(サラダ・ライス or パン付き)
サイズ500g(角切り)
焼き方レア
値段3,600円
営業時間平日:18:00~24:00 夜10時以降入店可

土日祝日:17:00~24:00 夜10時以降入店可

定休日年中無休
TEL03-3365-5215
住所東京都中野区東中野2-6-11 グリーンコーポ 1F
URLhttp://geronimo.co.jp/index.html

知ってる方も少ないんじゃないかと思いますが、東中野駅から徒歩5分ぐらいの場所にあるメキシコ料理屋。メキシコ料理屋なんだけどステーキ以外食べたことがありません笑

このステーキ屋は芸能界きっての食通『寺門ジモン』さんに教えていただきました。

寺門ジモンさんは知り合いでもなんでもないのですが、この本に教えていただきました。

おすん
おすん

知らなかった飲食店がたっぷり載ってる一冊です!

そんなジェロニモのステーキは、角切りに切ってある状態で出てくるのですぐにガッツけるし、歯がない人でも噛み切れちゃうほど柔らかいハラミ肉です!

他ではあまり感じたことはないけど、肉の上に乗ってる「バター」とトッピングの「ニンニク」を美味しいと感じたのは『ジェロニモ』だけです!

スポンサーリンク

ステーキ屋5|ペコペコ 足立区 鹿浜【ハラミ】

満足度4.5
いつも頼むメニュードッキリステーキ(ステーキのみ)
サイズ260g
焼き方レア
値段2,200円
営業時間平日 11:00~翌1:00
(ラストオーダー 翌0:30)土・祝前日 11:00~翌1:30
(ラストオーダー 翌1:00)
定休日年中無休
TEL03-3897-2996
住所東京都足立区鹿浜1-6-8
URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13088593/

東京足立区にあるステーキ屋『ペコペコ』。足立区鹿浜と聞いた肉好きの方は『スタミナ苑』を思い浮かべるかもしれませんが、鹿浜にはおいしいステーキ屋もあるんです!

ステーキメニューだけで12種類もあるんですが、その中で必ず食べるのが『ドッキリステーキ』です。

素朴な感じのハラミ肉ですが、ひとくち食べたら“やみつき”になること間違いなしです!

ドッキリステーキは260gと男性にはちょっと物足りないサイズなので、いつも二つ頼んでます。(合計520g)

そして『ペコペコ』は驚くことに隣でカラオケも営業してるので、ステーキでお腹が満たされたらリバースしない程度に熱唱しましょう。

カラオケCLUB DAM環七鹿浜橋店

そしてなんとなんと、注文すれば部屋にステーキを運んでくれるんです笑

イントロ中や、友人の熱唱が退屈なときにパクパクとステーキを食べれるのは『ペコペコ』だけ!サビを歌いながら肉を切る光景なんてインスタ映え間違いなしです笑

カラオケを歌いながらステーキを食べちゃいましょう!(きっと世界初)

おすん
おすん

予約は食べログから!

スポンサーリンク

ステーキ屋6|ステーキてっぺい×六本木Buff 港区 六本木 【ハラミ】

満足度4.5
いつも頼むメニューハラミ(ステーキのみ)
サイズ300g
焼き方レア
値段3,920円
営業時間ランチ 11:30~14:00

月~金 18:00~23:30

土・祝 18:00~23:30

(ラストオーダー23:00)

定休日日曜日
TEL03-3375-6929
住所東京都港区六本木2-3-7 セントラルクリブ3 1F
URLhttp://steakteppei.com/free/roppongi
ステーキ Buff
ステーキ Buff、港区 - 「いいね!」466件 · 650人がチェックインしました - ステーキ屋

『ステーキてっぺい×六本木Buff』は、六本木交差点を溜池方面へ5分ほど歩いたところにあります。

サイコロ状に切った状態で出てくるステーキは、肉が柔らかいのはもちろんのこと、なぜか脂の海に浸ってます笑

ステーキのつけだれは、

  1. バター醤油ソース
  2. ニンニク醤油ソース
  3. 大根おろし醤油ソース
  4. ゴマソース

の4種類から選べます。

『てっぺい』の名物と言えばステーキもそうなんですが、千切りキャベツのサラダがめちゃうまなんです!

キャベツ自体が特別うまいわけじゃなく、なんて表現していいのかわからない『特製ドレッシング』がめちゃくちゃうまいんです!

表現がむずかしい味ですが、たっぷりと効かしたニンニクがたまらなくて、このニンニクの味が病み付きになるサラダなんです!

 

おすん
おすん

キャンティのドレッシングにちょっと似てるかな~?

それから日本昔話に出てきそうなライス!(大盛り)

米2合分ぐらいありそうな量…

普通盛りは一般的な普通盛りだけど、大盛りにすると日本昔話サイズになります。

育ちざかりの成人男性はぜひ大盛りにしてみてください!

スポンサーリンク

ステーキ屋7|ビリー・ザ・キッド 新宿区 余丁町【肩ロース】

満足度4.0
いつも頼むメニューテキサスステーキ
サイズ400g
焼き方レア
値段2,890円(税抜)
営業時間[月~土]
19:00~翌4:00
[日・祝]
18:00~翌4:00
定休日年中無休
TEL03-3226-0727
住所東京都 新宿区 余丁町 4-15
URLhttps://tabelog.com/tokyo/A1305/A130504/13041723/
おすん
おすん

本格ステーキをはじめて食べたのは『ビリー・ザ・キッド』だった気がします。

肩ロースだけど固くもなく、ほどよい噛み応えのステーキはこれぞB級グルメって感じのアメリカンステーキで最高です!

いつも頼むのは400gの「テキサスステーキ」。ステーキには下味(塩・こしょう・バター)しか付いていないのでニンニクと醤油で味付けをします。

食事を終える頃に、絶妙なタイミングでコーヒーが出てきます。オールド感たっぷりなホーローのコップに注がれたコーヒーは「コーヒー豆入ってんの?麦茶なんじゃないの?」ってぐらい薄いアメリカンコーヒーです。

ステーキを食べたあとの油っぽさは、これでスッキリです!

おすん
おすん

コーヒーが苦手な僕でもここまで薄くしてもらえると普通に飲めちゃいます笑

スポンサーリンク

まとめ|東京都内には柔らかくておいしい絶品ステーキ屋がたくさんある

この記事のまとめ

東京都内のリーズナブルで庶民的なB級ステーキ屋を、僕個人の独断と偏見で選んでみました!

「この記事を見たよ」でドリンクサービスなんかは何もありませんが、食べたことがないお店がありましたらぜひ足を運んでみてください!

 

他にステーキ屋を調べたいときは、食べログのキーワード検索で「ステーキ+(地名)+おすすめ」や「ステーキ+(地名)+美味しい」で検索すると、かなりの数のステーキ屋が出てくるので、自分だけの隠れ家的なお店を調べてみるのもいいかもしれません。

おすん
おすん

更新情報やブログには書かないこともツイッターで発信してます。よかったら覗いていただき親指が空いてたらいいねもください!

おすん( @osunnotsubuyaki

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました