デザイン制作・レビュー・広告依頼のご相談はこちら ≫≫

Twitterの過去ツイートを検索する方法まとめ!【日付・アカウント指定】

Twitterで特定のツイートを検索する方法ブログ・SNS
この記事は約7分で読めます。
おすん
おすん

時間や場所に縛られずに働いている
フリーランスデザイナーのおすん( @osunnotsubuyaki)です。

Twitterで特定のツイート(過去ツイートなど)を探すときって皆さんはどうしてますか?

探したい人のアカウントに移動してタイムラインを永遠とスクロールしていますか?

Twitterの公式ツールでも日付や場所、キーワードやハッシュタグなどから絞り込み検索ができますが、そんなことをしなくても特定のツイートを検索窓(虫眼鏡アイコンのキーワード検索)から探す方法があります。

 

 手取り早く検索方法が知りたい方はこちら

 

▼ 検索コマンド一覧 ▼
検索名検索コマンド説明
from検索from:@[検索したいアカウント名][スペース][検索キーワード]アカウントが特定のキーワードでツイートした投稿だけを表示させる検索方法
to検索to:@検索したいアカウント名][スペース][検索キーワード]そのアカウントに対して他のアカウントから特定のキーワードでツイートされた投稿だけを表示させる検索方法
@検索@[検索したいアカウント特定のユーザーに関するツイート全表示
since検索[検索したいワード since:年-月-日]指定した年月日~のツイートを検索
until検索 [(検索したいワード) until:年-月-日]~指定した年月日のツイートを検索
画像フィルタ検索[filter:images]画像が含まれたツイートのみ検索
動画フィルタ検索 [filter:videos]動画を含むツイートのみ表示
アカウントフィルタ検索 [filter:verified]認証アカウントのツイートのみ検索
-検索 [(検索したいワード) -(検索から除外したい言葉)]調べたいワードから、特定の言葉を除外する
and検索 [検索ワード+検索ワード]「複数のワード」を含んだツイートを検索する一般的な検索方法
OR検索 [検索ワード OR 検索ワード]「少なくとも1つの検索ワード」を含むツイートに絞り込み※ORの両側に半角スペースを入れる必要があり
完全一致検索 [“検索ワード”]“”内と完全に一致したツイートのみ検索
タグ検索 [#検索ワード]ハッシュタグのワードに絞って検索するメジャーな検索方法
リツイート検索[min_retweets:数字]指定した数字以上のリツイートがされたツイートを検索

 

Twitterの全画像サイズ・比率まとめ【ヘッダー・ツイート投稿・表示可能領域】

【2020年版】最適なTwitterの全画像サイズ・比率まとめ【ツイート投稿・ヘッダー表示可能領域】
ツイート投稿用サイズ:1024px×576px /Twitterヘッダー画像サイズ:横1500px×縦500px|Twitterプロフィールアイコンサイズ:400px×400px|無料のヘッダー画像作成用テンプレートもダウンロードできます。

 

下記より詳しい使い方などを解説していきます。

 

Twitter検索コマンドと使用方法

from検索

from検索とは、そのアカウントが特定のキーワードでツイートした投稿だけを表示させる検索方法です。

 

from検索のコマンドはこちら

【from:@[アカウント名][スペース][キーワード]】

キーワード検索のタブで、

from:@]+[検索したいアカウント名]+[検索したいキーワード]を入力して検索するだけです。

この時アカウント名キーワードの間に必ずスペースを挟んでください。

じゃないと検索できないのでご注意を。

 

例として僕のアカウント名である「@osunnotsubuyaki」と「ヘッダー」のキーワードでfrom検索をしてみます。

 

入力すると下記のようになります。

【from:@osunnotsubuyaki ヘッダー】

画面上部の検索窓に入り切ってないですが【from:@osunnotsubuyaki ヘッダー】と打っています。

 

検索すると「ヘッダー」のキーワードが太字で表示されているのが分かります。

スクロールしてTL(タイムライン)を見ても「ヘッダー」のキーワードを含めたツイートをしてる僕のツイートしか表示されていないのが分かります。

 

特定のアカウントの特定のキーワードで検索したいときにはこの方法がとても時短になって便利です。

 

ただしfrom検索は、ツイートだけでなくアカウント名も拾ってしまうのでご注意を。

 

キーワード完全一致のfrom検索

キーワードが完全に一致したfrom検索をしたいなら、ダブルクォーテーションでキーワードを挟めばOKです!

 

キーワード完全一致のfrom検索コマンドはこちら

【from:@[アカウント名][スペース][“キーワード”]】

 

to検索

to検索とは、そのアカウントに対して他のアカウントから特定のキーワードでツイートされた投稿だけを表示させる検索方法です。

to検索のコマンドはこちら

to:@[アカウント名][スペース][キーワード]

to:@検索もfrom検索同様、アカウント名とキーワードの間にスペースを忘れずに。

要領も同じ感じで『to:@』+『検索したいアカウント名』+『検索したいキーワード』を入力して検索するだけです。

 

例として僕のアカウント名である「@osunnotsubuyaki」と「ヘッダー」のキーワードでto検索をしてみます。

【to:@osunnotsubuyaki ヘッダー】

to検索

こちらも画面上部の検索窓に入り切ってないですが【to:@osunnotsubuyaki ヘッダー】と打っています。

 

検索するとこちらも「ヘッダー」のキーワードが太字で表示されているのが分かります。

to検索

to検索もfrom検索同様、スクロールしてTL(タイムライン)を見ても「ヘッダー」のキーワードを含めた他のアカウントの方が僕(特定のアカウント)に対してのツイートだけ表示されます。

 

特定のアカウントに対して、特定のキーワードを含めたツイートのみ検索したいときはこの方法がとても時短になって便利です。

 

@検索

@検索は、@+『検索したいアカウント』で検索すると、そのアカウントが投稿した過去のツイートや他のアカウントへのリプライとメンションなど、指定したユーザーに関するツイートをまとめて検索できます。

 

Twitterの検索コマンドは辞書登録するのがおすすめ

Twitter検索コマンドっていちいち『from:@ “”』や『to:@』と入力するのがめんどくさいんですよね。

僕はiPhoneを使ってますが、ユーザー辞書登録で『ふ』と入力すると『from:@ “”』が出てくるように辞書登録しています。

 

登録方法はカンタンです!(iPhoneの場合)

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般を開く
  3. キーボードを開く
  4. ユーザー辞書を開く
  5. 『+ボタン』を押して登録したい単語と読み方を入力

これだけでかなりの時短になるのでおすすめです。

 

登録方法やそのほかにどんな単語を登録してるか興味がある方は、【ユーザー辞書で時短入力する方法】の記事を参考にしてみてください。

iPhoneユーザー辞書の登録方法と便利な使い方【おすすめ単語集も教えます】
この記事で分かることiPhoneユーザー辞書機能の登録方法が分かるiPhoneユーザー辞書機能の便利な使い方が分かるiPhoneユーザー辞書機能のお……

 

ツイートを検索する頻度があまり多くなければ必要ないですが、僕はちょくちょく自分のツイートを含めて過去ツイートを検索するので辞書登録しています。

自分に必要な検索コマンドは辞書登録して入力する手間を省きましょう。

 

まとめ:Twitterの便利な検索コマンド方法を知ってうまく検索しましょう

ツイート数が多いアカウントは一日に数十回以上ツイートします。

特定のアカウントから特定のツイートを検索するのにいちいちTL(タイムライン)をスクロールしていては明日になっちゃいます。

 

この検索方法を有効活用してうまくツイート検索しましょう。

おすん
おすん

僕は自分のツイートをブログの記事に貼ったりするときによく活用しています。

 

おすん
おすん

この記事がタメになったらTwitterでツイートしていただけたらリツイートしますのでよろしくお願いします。下記のTwitterのボタンでツイートできます。

 

 

Twitterの記事が気になった方にはこちらもおすすめ!

人気記事 Twitterの全画像サイズ・比率まとめ【ヘッダー・ツイート投稿・表示可能領域】

人気記事 7日間で1000人増やしたTwitterのフォロワー数を増やす方法

人気記事 ブログのPV数が増えない!ツイッターから集客する方法

人気記事 ブログで使える無料おすすめ画像作成・加工アプリ【iOS・iPhone】

 

おすん
おすん

この記事を下記のTwitterボタンでつぶやいてもらえたら高確率でリツイートします。記事を書く励みにもなるので、ぜひつぶやいて貰えたら嬉しいです!おすん( @osunnotsubuyaki

コメントはこちら

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました